本日は冷え性についてお話をしていきたいと思います。

冷え性は字の通り、身体、特に末端(手や足)が冷えてしまう事を言います。

冷えてしまう要因としては主に、冷房の効きすぎなどが挙げられると思います。

冷房によって、長時間身体が冷たい状態にさらされてしまうと、慢性的に身体が冷えてしまいます。

また、冷房だけではなく、食べ物によっても冷え性は起こります。

特に、夏は暑いので冷たい物を取ってしまう事が多く、内臓から冷えを起こしてしまう時もあります。夏の間は冷たい物はほどほどにし、内臓を冷やし過ぎないように気を付けましょう。

内臓から冷えてしまうと、なかなか冷えが解消されない場合があります。着るものを注意してもなかなか中の方にはいきません。

 

では冷え性になってしまった場合、どうすればよいでしょうか。

まずは冷えを解消する食べ物を食べましょう。

一例として、生姜・ニンニク・ネギなどのいわゆる風邪に聞く食べ物・豚肉・こんにゃく・にんじん・ゴボウなどの根菜類が身体を温める効果があります。

 

また、治療の一環としてお灸での治療があります。

お灸を置いて身体の芯まで温めることで、内臓の冷えを解消し、冷え性の改善の効果が期待できます。