暑い日が続くと

なんだか食欲がない、身体がだるい、疲れやすい、頭が痛いなど

様々な症状に悩まされませんか?

 

これはいわゆる夏バテの症状です。

夏の慢性疲労症状、夏ならではの身体の不調を夏バテと言いますが

なぜ夏にこのような状態になるのかという事はあまり考えませんよね。

 

まず、私たちの身体は通常、体温が36~37℃くらいとされています。

これは身体の機能が最も働きやすい温度とされています。

そのため身体の中は常に37℃くらいに保たれています。

気温が高くなり暑くなってくると、体温が上昇しすぎてしまわないように汗をかいて体温を下げます。

これは身体が常に同じ働きが出来るようにする大事な仕組みでもあります。

しかし汗は、身体の中にあるミネラルも同時に体外に出してしまいます。

そのため、大量の汗をかくと大量のミネラルを失うことになります。

ミネラルを補給することなく汗をかき続けていると

体内のバランスが崩れ、それが原因となり体調が悪くなったり、疲労感が生じてしまいます。

また、外の暑さにより消化酵素はうまく働けなくなります。

これにより栄養がうまく吸収できなくなってしまうのです。

栄養をうまく取り入れられないと身体が食事を欲しなくなるので、食欲不振を起こします。

それに加えて、暑いからと冷たい飲み物を多くとったり、冷たい食べ物を食べたりすることも増えていませんか?

もちろん水分を失う分、補給も必要ですし、エネルギーを作るためには食べられそうなものを

しっかり摂るという事も必要とはなりますが

あまりにも冷たいものを取り過ぎると胃腸が冷えてしまい、消化不良を起こす原因となってしまいます。

 

他にも冷房により体調を崩しているという事も考えられます。

暑くなると身体は、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応しています。

この体温調節は自律神経の働きによるものなのですが

冷房が強すぎたり、冷房が効いている部屋から気温が高い屋外へ行ったり来たりを繰り返していると

体温調節に欠かせない働きをする自律神経が対応しきれなくなりパンクしてしまうのです。

その結果、頭痛やめまい、身体のだるさなどの変調をきたしてしまうのです。

 

まずは、冷たいものを取り過ぎず、バランスのとれた食事をすること

冷房などに当たりすぎない、外との温度差を減らす

露出をあまりせず身体を冷やし過ぎないという事が大切です。

 

それでも改善できない不調は

お灸などで内面から温めることが必要です。

暑い季節に温めるなんて必要ないと思われる方もいると思いますが

内臓が冷え、不調が出ている時は

温かさが気持ちよく感じます。

鍼やお灸は、働き過ぎている胃や働きが鈍っている胃どちらにでも効果があります。

また、水分の吸収や排出をうまくできない腸の方にも働きかけることが可能です。

 

お灸と鍼を組み合わせて、内臓の働きを手助けし

つらい症状を改善、夏を乗り切りましょう。

 

鍼灸の夏バテ対策メニューだけでなく

手技の方でも夏のメニューを用意しております。

 

内容を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

ご来院お待ちしております。