坐骨神経痛は誰にでも起きる可能性があるものです。

ひどい時は動けなくなってしまう人もいます。

そうなる前に痛みやしびれは早めに取り除きたいものですよね。

 

ではまず、坐骨神経痛とは何かという事について話していきます。

 

坐骨神経痛とは、何らかの原因で坐骨神経という太い神経が障害を受け

痛みやしびれが出る状態のことを言います。

坐骨神経 に対する画像結果

坐骨神経痛は病名ではなく、何らかの病気の一つの症状としてあらわれるものなのです。

 

坐骨神経痛の症状を感じる代表的な場所は、お尻、太ももの裏、ふくらはぎの外側、うしろ側

足の小指側、足の裏です。

どこか一部分だけに坐骨神経痛の症状を強く感じるケースもあれば

足全体に激痛が走り、坐骨神経痛の症状を強く感じるケースもあります。

症状の出かたは人それぞれなので、ここに絶対症状が出るという事はありません。

 

 

坐骨神経痛の症状は、運動系の症状、知覚系の症状、自律神経系統の症状に分けられます。

全てが混ざった症状が出現する事も多いです。
痛みがない場合でも、様々な検査法により痛みを誘発することも出来ます。

坐骨神経を牽引するような動作によって、痛みや違和感が出てきますので

坐骨神経痛の症状を誘発し、判断していく形になります。

 

運動系の症状に関しては、筋力の低下と共に、股関節・膝関節・足関節の障害を生じる事があります。

これは、脚のうしろ側の筋肉にうまく指令が送られなくなることで異常が起きてしまうからです。

また、膝の下の筋肉は、ほとんど坐骨神経の支配を受けているため

神経の働きに異常が起こると、筋肉の痛みや関節の痛み、違和感がでてきます。

神経の障害が悪化してくると、その支配されている筋肉は萎縮

更に麻痺する事がありますので、注意が必要です。

 

知覚系の症状は、通常、お尻の辺りから脚の先にかけて

神経の走行に沿って鋭い痛みやしびれ、感覚の異常が出ます。

痛みは持続性の痛み(動かなくても痛む)と、運動痛(動かすと痛みが出現する)が存在します。

しびれ、皮膚の痛み、冷え、感覚が鈍くなるなどの自覚症状が出ることによって

何か変だなと気付く人も多いです。

これらは、傷害されている神経の場所によって、症状の出てくるところが変化します。

 

坐骨神経痛の症状の多くは、お尻の痛みから始まり、神経の走行に沿って痛みが起こりますが

はっきりとしない症状の時もあります。

それでも、坐骨神経支配域の知覚異常は、坐骨神経痛と判断されることが多いです。

 

多くの坐骨神経痛の自覚症状は、知覚異常から始まります。

感覚が何か変だなと思いしばらくしていると症状が悪化していき

筋力が落ち、痛みがあらわれるようになります。

最終的には、筋肉の麻痺や萎縮が出てきてしまうこともあるので、十分注意が必要です。

坐骨神経痛の自覚症状があったら、早めに専門の医療機関を受診する事が大切です。

 

中には、整形外科の一般医療検査をしても、原因がつかめない坐骨神経痛様の下肢の痛みも存在します。

糖尿病や閉塞性の動脈硬化症においても、下肢の異常が出てくるためしっかりとした鑑別が必要となるのです。

いつもの痛みだからと我慢を続けていたら、重大な病気が隠されているという事もありますので

一度しっかりみてもらう事がとても重要です。

 

それでも原因がつかめない坐骨神経様の症状の中に

筋膜の異常によって起きる痛みがあります。

トリガーポイントと呼ばれ、筋膜の異常が坐骨神経痛と似た痛みになることもあります。

1つの症状でも、何が原因かで治療法も変わってくるので、自分だけで判断することなく

原因を突き止めることが治す近道となります。

 

 

当院の坐骨神経痛の治療法なのですが

坐骨神経は腰椎と腰椎の間から出て下肢、足先まで達することは上記の画像の通りです。

痛むのはお尻や足の方ですが、圧迫されている場所は違う所にある可能性もあるため

本当に悪い場所を治療することが大切です。

例えば痛みが出ているのが足だからと言って

足だけ治療していても根本治療にはなっていません。

そうすると症状がそのときは改善されていてもまた同じ症状で悩まされることになってしまいます。

まずは坐骨神経の出発点である腰の方から治療を始めていきます。

腰椎と腰椎の間に圧力がかかり、神経の根っこが圧迫され痛みが走ってしまうので

痛みの出ている所と腰椎、骨盤(腰部)、脊柱(背部全体)の気の流れ

及び筋肉のバランスを整え、腰椎に圧力がかからない様に施術していきます。

 

 

鍼により全身の調節をし、しびれや痛みを軽くすることが可能です。

一人一人の身体に触れ、状態を確認し治療ををすすめていきます。

お気軽にご来院ください。

 

詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院お待ちしております。

 

村松先生鍼施術写真1