ばね指という言葉を皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

なんか引っ掛かるような気がする

指が動かしにくい感じがする

もしかしたらそれはばね指かもしれません。

 

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。

手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は肘のあたりから前腕についていますが

その力を腱が指先にまで伸び伝えます。

その通り道で指を曲げるための腱が浮き上がらないように押さえているのが

靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。

その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。

ばね指 靭帯腱鞘 画像 に対する画像結果
この靱帯性腱鞘は指に部分にありますが

それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症が生じやすいとされています。

その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし“腱鞘炎”になり

さらに進行すると引っ掛かりが生じ、ばね現象が起こります。

これを“ばね指”と呼んでいます。

 

腱の周りには腱鞘があり、硬い靱帯性腱鞘のある部分は動きを滑らかにする働きをする滑膜腱鞘が覆い

腱と靱帯性腱鞘が擦れて摩擦が生じにくいようになっています。

そのほかの腱の周囲はパラテノンという柔らかい軟部組織が覆う構造になっています。

 

指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると

腱鞘炎になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり

指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。

朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。

進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になります。

更年期の女性に多い他、妊娠出産期の女性にも多く生じます。

手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。

糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。

 

 

指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦を起こし炎症が進行

腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こすためにさらに症状が悪化します。

指の付け根に腫脹や圧痛があり、ばね現象があれば診断は容易となります。

糖尿病、リウマチ、透析患者の場合では多くの場所に生じます。

 

 

 

ばね指の治療法としては

まず使い過ぎて炎症が起きている場合は安静にする事。

ばね指は、重症化するとなかなか予後がよくありません。

手指を使う機会が多いという方は、特に注意が必要です。

少しでも違和感が出たらすぐ対処しましょう!

重いものを手で持たない。

手で重いバッグなどを持ってしまうと手指に負担がかかり手指の腱鞘炎となりやすくなります。

なるべく肩がけのバッグやリュックなどを用いて手指に負担をかけないようにしましょう。

パソコン作業は1時間に5分は休憩をはさみましょう。

パソコンのキーボードを打つ動作は指に負担をかけます。

また、首肩や目を休めるためにも休憩をはさみましょう。

編物などの手指の細かい作業はやり過ぎないようにしましょう。

痛みを感じたらすぐに作業をやめて患部に熱感がある場合は冷やし、動かさないように包帯などで固定しましょう。

あまりにひどくなりすぎて指が伸ばせない状態になりますと手術の対象となってしまいます。

そこまで悪化させる前に治療を始めたいですね。

 

少しでも気になる症状があれば当院にお越しください。

手技の他、テーピングで治癒をしやすい環境を作ったり

お灸や鍼で患部に関係する筋を緩めたり全身調節を行っていきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

当院の詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院お待ちしております。

 

ばね指 画像 鍼 に対する画像結果