朝起きたらまぶたや顔が腫れぼったかったり

夕方になると足がむくんで履いていた靴が入らなかったり…

現代人は生活習慣の中に大きなむくみの原因を抱えていると言われています。

それは運動不足、睡眠不足、偏った食生活、ストレスなどです。

また、長時間座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事の方など

長時間同じ姿勢でいることもむくみの原因と考えられます。

 

そもそもむくみはなぜ起きるかむくみのしくみとは。

原因別に考えていきたいと思います。

 

1.塩分の取りすぎ

塩分を取りすぎると、その塩分の濃さを元に戻そうとする働きが起きます。

その働きが起こると、細胞から水分が外に出てくるようになり

その水分が血管の外に染み出てくる形になります。

 

2.同じ姿勢を長時間続ける

人間には常に重力がかかっていますよね。

その重力は下に向かってかかっていますので、自然と足の方に水分が移動するのはイメージがつきますね。

朝、顔がむくんでしまうのは寝ている間に全身の水分が均等に分配されるので

体内の水分量が多く排出できずめぐりが悪い場合、顔がむくんでしまうことになります。

 

3.冷え、血行不良

冷えは血の巡りを悪くさせます。

下の方の水分や血液は筋肉によって上に戻されますが、冷えによって筋肉が思うように働けないと

血流が滞り、戻れない水分はそこに留まってしまうことになります。

 

4.運動不足、新陳代謝の低下

運動不足では筋力、筋肉量が減少していきます。そうすると筋自体の力がなくなって、筋肉により作られるエネルギー量が

少なくなってしまいます。そうすると代謝が落ち、むくみが生じることになります。

 

5.ホルモン

女性に多いですが、ホルモン量が変化する関係でむくみが生じることがあります。

 

6.ビタミン、ミネラルなどの栄養素の不足

特にカリウムは水分を排出するのに必要な栄養素です。

取り過ぎもよくないですが、栄養が偏ることはほかの病気にもつながるので気を付けたいですね。

 

むくみの仕組み画像 に対する画像結果

 

むくみには、短時間で治まる一過性の症状と、病気や怪我などからくる病的症状があります。

・むくみが一日中持続するむくみが何日も続いている

・急に体重が増えた顔やまぶたがむくむ尿の出が悪い

・坂道や階段で息が切れる、疲れやすい

これらの症状があれば医師の診察を受ける必要があります。

自分で判断することなく専門医にかかり、治療を受けましょう。

 

逆に、普段健康な人で、夕方にむくみが強くなるが一晩横になり

翌朝になるとむくみが消えている場合には心配は少ないと言えます。

そのようなむくみは自分でケアすることが出来ます。

足、特にふくらはぎの部分をマッサージすると血流が良くなりむくみが取れやすくなります。

また、お風呂で温めたり、軽い運動を行う事もむくみの改善には効果的です。

 

それでも辛いむくみには当院の自費メニューにて対応致します。

お気軽にご相談ください。

 

詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院スタッフ一同心よりお待ちしております。

足つぼマッサージ・リフレクソロジーのイラスト