足がつってしまうのは誰しも一度は通った道だと思います。

つってしまう原因としては「ミネラル不足」「筋肉疲労」「血流不足」などが主な原因です。

夏場に運動中・もしくは運動後につってしまうのは、汗でミネラルが失われてしまうことが原因です。

しかし冬は・・・?

意外に冬も足はつります。

 

冬に足がつってしまう原因は、「血流不足」と「水分を摂らない」ことによるものです。

寒さで血流が滞りやすくなるのもありますが、何より、のどの渇きを夏より感じにくく、水分をあまり取らないことによってもつる要因になります。

 

もしも、つってしまった時はストレッチが効果的です。

ぎゅっと収縮してしまっている状態の筋肉は伸ばしてあげるのが良いです。

ストレッチと併せて水分(ミネラル)を取るのも対策になります。

 

足がつらない為にも、普段からストレッチなどをして身体を柔らかくしておく・水分を意識するなどの対策を自分で撮っていくのも良いと思います。

 

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷駅東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com