今日は、スポーツ障害についてお話します。

健康的な生活の代名詞ともいえるスポーツですが、スポーツが原因の怪我や障害は皆様が思っている以上に多いのが現状です。
実際、当院にお越しになる方にもスポーツ障害でお悩みの方は少なくありません。
スポーツによる筋肉痛や捻挫、打撲、骨折、肉離れなどに加え、野球やサッカー、マラソン、バスケットボール、バレーボール、テニスなど、各スポーツ特有の症状などもあります。

スポーツ外傷とは、1回の瞬間的な外力が加わって受傷する捻挫、骨折、打撲、創傷、脱臼などの、いわゆる怪我のことを言います。 スポーツ外傷は短期的なものですが、スポーツ障害の多くは、長期間の誤ったトレーニング方法であったり、過度な練習などの使い過ぎによるものがほどんどです。技術の未熟さや筋力、体力不足、柔軟性の低下などが原因のことも多くあります。

スポーツ障害でよく知られているのは以下の5つになります。

シンスプリント
ランナーに多く見られ、スネの内側に痛みが出る。
運動中は痛く、運動をやめると痛みは収まる。

ランナー膝
ランニングで発症し、太もも外側が炎症を起こし膝痛を生じる。

野球肘・テニス肘
ほとんどの場合、オーバーユースが原因。
正式名称は外側上顆炎といい、痺れを伴う場合がある。

オスグッドシュラッター病
ひざ下が痛む、激しくスポーツや運動を行っている10代に多くみられる。

ジャンパー膝
膝蓋骨の上下のどちらかに痛みが出る。ジャンプ動作の時に痛むのが特徴。

 

また、お子様の関節の痛みも成長痛と楽観視しているととても危険です。スポーツ障害の中には、年齢によって引き起こされるものがあります。特に成長期のお子様は、成長痛といわれる骨端軟骨障害が今後のスポーツ活動に大きな影響を与える場合もあります。「成長痛だから大丈夫」と決め付ける前に、まずは当院にご相談ください。年齢や競技種目に応じた適切な施術、指導をいたします。

スポーツ障害にならないための予防法
ストレッチで柔軟性をアップさせましょう!
スポーツ障害の予防に効果が大きいのが、ストレッチです。スポーツの前後にストレッチを念入りに行うことが予防に繋がります。
ストレッチはスポーツの前に行うか、後に行うかで目的が少し違います。スポーツ前のストレッチは筋・腱・靭帯の柔軟性を高め、スポーツ中に受ける衝撃を上手く吸収したり逃がしたりすることができます。
筋肉がほぐれる前にスポーツを行うと、思わぬ負荷がかかりスポーツ障害のリスクが上がります。スポーツ後のストレッチには血行を良くして疲労物質の代謝を促進し、受けたダメージからの回復を早める効果があります。もし損傷している筋肉や関節があれば、ストレッチの際に違和感や痛みを生じるでしょう。
ストレッチは、スポーツ障害の前兆に気づくきっかけにもなります。
無理なトレーニングは逆効果になります。適度に休息を取ってスポーツ障害予防をしましょう。
スポーツ障害は別名「使いすぎ症候群」「オーバーユース」と言われています。

関節や筋肉周辺のストレッチは、特に重要です。股関節、膝、足首など下半身のストレッチは、姿勢保持に効果的で、ジャンプの着地などでかかる負荷を分散・吸収する助けにもなります。

ストレッチには、ダメージが蓄積して起こるスポーツ障害の予防はもちろん、突発的なケガからも身を守る効果があります。日ごろからストレッチで柔軟性を養っておきましょう。

スポーツ障害といっても、その度合いは人によって、大きく異なります。「スポーツ後に痛みが出る」「スポーツ中に痛みが出る」「日常生活の中でも痛みが出る」のどれかによって、対処方法も変わってきますので、異常を感じたらすぐに当院までお越しください。

 

詳しい情報は、下記をご覧ください

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

スタッフ一同ご連絡お待ちしております。