リンパという言葉、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

リンパの滞りを解消しましょうとか、流れを良くしましょう

というような言葉を耳にすることが増えてきましたよね。

ではリンパとは何なのでしょうか?

リンパは、静脈に沿うように全身を巡っています。

全身を網目のように走っているのがリンパ管で、その中を流れているのがリンパ液です。

リンパ液はそれぞれ様々な場所から老廃物などを集め

合流してリンパ節という所に流れ込みます。

リンパ系と呼ばれるこれらの仕組みは

身体の中のいらないものを集めて運ぶ働きと、細菌などから身体を守るために働いています。

免疫と言われるものはこのリンパの働きによるものです。

リンパマッサージで痩せるというイメージが強いと思いますが

実は身体を健康に保つためにもリンパは働いているのです。

 

リンパは、全身をまわって働くという点では血液と似ていますが

異なる点もいくつかあります。

リンパ管は毛細血管よりも細いので全身の狭い部分にも行きわたっています。

血液を運ぶ動脈は主に栄養や酸素を全身に運び、静脈は老廃物を回収し、心臓の方に戻っていきます。

その過程で、心臓や静脈で取り込みきれなかった老廃物がリンパ管に流れて行きます。

 

動脈に流れる血液は心臓のポンプにより押し出され全身を巡っていきますが

リンパにはそのような仕組みがない為、静脈と同じように筋肉の動きや手でさするなどして

巡りをよくする必要があります。

身体の表面を軽くなでるだけでも流れは良くなりますが

軽い運動や、マッサージなどで働きかけると、よりリンパを動かすことができます。

リンパの働きがマッサージなどで促されると、老廃物の排出の働きが促進され

お手洗いが近くなることもあると言われています。

そのくらいリンパは老廃物を出し、体内をきれいにするように働いているのです。

 

リンパ管にはところどころリンパ節というソラマメ状の丸いふくらみがついています。

リンパ節ではリンパ球や免疫抗体を新しく作り出し、細菌や異物を処理しています。

リンパ管はリンパ節を経由し、最後はリンパ本幹となって静脈と合流します。

そのリンパの流れに沿ってリンパを流すようにマッサージすることで

老廃物を流す手助けをすることが出来ます。

 

リンパの流れが悪くなると、老廃物や余分な水分が体内に滞ってしまうため

むくみやこり、疲れやすいなどの症状につながります。

自分でもこまめにマッサージを行い、流れをよくすることをお勧めします。

 

リンパマッサージのやり方ですが


まず、マッサージの前にコップ一杯の水を飲みましょう。

溜まって滞っているリンパ液の濃度を薄め、リンパ液が流れやすくなります。

また、マッサージを行うときは入浴後が最適です。

身体が温まっていることと、リラックスした状態で行う事で効果が上がります。

お風呂上りに軽くなでるようにマッサージをしてみてください。

運動やストレッチにより筋肉を軽く動かすだけでも効果は出ます。

無理なく続けられる程度の運動をすることもおすすめです。

最後に、マッサージをした後はしっかり水分を取ってください。

巡りが良くなっても外に出さなければ意味がありません。

リラックスできるハーブティーや、利尿効果のあるお茶などで

老廃物を外に出すように心がけましょう。

リンパ節 画像 フリー に対する画像結果

大きなリンパ節は上の図の通りです。

特に鎖骨リンパ節は静脈に流れ込む大事な部分ですので

そこに向かって流すイメージで行いましょう。

 

今回は顔のマッサージについて説明していきます。

まず鎖骨の上のくぼんでいる所を痛みがない程度にほぐしていきます。

痛みが出るくらい強い力で行うと組織を壊してしまう事があるので注意してください。

滑りが悪い時はオイルなどを使って行うことをお勧めします。

5秒ぐらいほぐしたら、耳の前を指でじっくりほぐし

そこから左右の首筋を順番に、鎖骨の方に向かってさすっていきます。

顔面部はあごから耳の前まで持ち上げるようなイメージで行ってください。

次に唇の上の部分から頬骨の下を通り耳の前へ

鼻の横から耳の前へ

まぶたの上、眉毛あたりを全体的に手のひらで覆いなで、耳の前へ

おでこの部分も手のひらで覆うようにしてさすり耳の前へ流します。

最後にそこに集まったものを鎖骨に流すように首筋を通ってさすり

先程の鎖骨の上のくぼみをほぐし、一連の流れは終了です。

 

顔のむくみがすっきりする効果もあり

鎖骨部にたまったものを流す効果もありますので

時間を見つけ行うといいでしょう。

 

 

自分でできるリンパマッサージですが

なかなかうまくいかないなと思ったら当院にお越しください。

 

詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

ご来院お待ちしております。