4月から新生活が始まり環境の変化で身体がしんどくなったり体調を崩したりしていませんか?

そのような時は身体表面の問題ではなく、身体の中の問題もあるかもしれません。

内臓は様々な機能を持ち、身体の健康を維持するのにとても重要な働きをしています。

そんな内臓の中から今日は肝臓について書いていきたいと思います。

肝臓 に対する画像結果

肝臓は身体の右上腹部に位置しています。

働きとしては

①たんぱく質の分解

②糖質の生成や合成、分解

③アンモニアを尿素に変換(アンモニアはそのままだと脳に害をもたらす)

④薬物など外毒素の分解と抽出

⑤コレステロールの合成と調整

⑥胆汁の生成と排出   etc…

と多岐にわたる働きがあります。

肝臓が悪くなると肝硬変や脂肪肝などになり、アルコールを多飲する方はアルコールにより

肝臓を傷めてしまうかもしれません。

この様な状態が慢性化してしまうと、肝臓の機能だけでなく全身症状が出てきます。

例えば、口内炎、浅い眠り、活力の低下、喉頭炎、体重増加などがあります。

そうならないように肝臓の働きを維持していかなければなりません。

東洋医学では経絡というものがあり、その経絡の気の流れをよくすることで身体の調整を

する、経絡治療があります。

東洋医学のアプローチで、今まで良くならなかった症状が改善する事も多々あります。

肝臓も、肝の経絡を鍼を使って調整することで機能の改善を促していきます。

内臓の調整をして皆さんも身体全体の健康を維持していきましょう。

スタッフ一同お待ちしております。

rose-koshigaya-kitakoshigaya.com