便秘でお悩みの方

最近増えている女性の便秘。

 

便秘により老廃物が外に出せないと肌の調子が悪くなったり、太ってしまったり

体調も優れなくなることもあるので、どうにかしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

便秘と一言にいっても人によって原因は様々です。

慢性の便秘は大きく分けると器質性便秘と機能性便秘があります。

器質性便秘というのは胃や、小腸、大腸、肛門などに病気があって

その病気が原因となり便秘を起こしている状態です。

器質性の便秘は病気を治さないと改善されず、自分では治すこともできないので

病院でしっかり診てもらい、本質的に改善しなければいけません。

中には命に関わる重大な病気が隠れている場合もありますので

ただの便秘だと思わず、早めに受診する事をお勧めします。

病気に伴う器質性便秘の場合、便秘以外にも症状が出ることがあります。

激しい腹痛

吐き気・嘔吐

発熱

便に血や粘液が混じる

など、上記のような症状が便秘とともに起きていたら早めに医師に相談しましょう。

 

 

機能性便秘は更に3つの種類に分類することが出来ます。

1.弛緩性便秘

女性や高齢者、運動不足の人によく見られるのが弛緩性便秘です。

大腸の筋肉が緩んでしまい起こるものです。

無理なダイエットや筋力の衰えによって筋肉が落ちてしまうと

便を押し出す力が弱くなるため便秘になってしまいます。

これがもっとも一般的な便秘と言われています。

2.痙攣性便秘

自律神経の乱れによって生じる便秘です。

弛緩性便秘とは反対に、大腸の筋肉が痙攣しているかのように激しく動きすぎた状態です。

原因は主に精神的なストレスで、誰もがなる可能性のある便秘だといえます。

3.直腸性便秘

日頃から便意を我慢することが多い人に発生する便秘です。

習慣性便秘とも言われています。

大腸には問題がなく、便が直腸まで来ているのにそれを感じることが出来ず

便意を催さなくなってしまっている状態です。

肛門付近に何かしらの問題があり、うまく排便できないと起こります。

 

便秘にならないためには、日頃から適度な運動を心掛け

水分をしっかり取り、適度な食事量を摂取する事

また、無理なダイエットはやめ、ストレスをためない事が必要です。

 

便秘を解消するには特に食事に気を付けることが必要です。

食物繊維は消化されにくい分、便のかさを増やし外に出やすくしてくれます。

また、きのこ類も同様にとることをお勧めします。

食事の際に一緒にとった水分は腸まで行き届きやすく

便を柔らかく保ってくれるので、食事の際は少し多めに水分を取りましょう。

 

では、便秘に効くツボを1つ紹介します。

天枢

天枢(てんすう)は、へその近くにあるツボです。

へそから指3本分外側に離れた部分がツボの位置です。

へその両側に1つずつあります。

内臓全般の働きを活性化させるツボとして知られていて

特に大腸の動きを正常にするツボでもあるので

便秘のみならず下痢の解消にも効果があります。

人差し指と中指、薬指の3本を揃えて左右のツボを同時に押しましょう。

お腹が軽くへこむぐらいの強さで力を入れれば充分です。

あまり強く押し過ぎず、気持ちがいい程度の力で行いましょう。

 

 

慢性化した便秘はなかなか解消されにくいものです。

しかし、薬などに頼っていては自分の力で排便をするということを身体が忘れてしまい

さらに便秘をひどくすることに繋がってしまいます。

 

少しずつでも生活習慣を見直し

身体の中からきれいになり、健康になるようにしていきましょう。

 

当院では鍼やお灸の施術を行っています。

症状に合わせ、内臓の働きが良くなるよう施術を行っていきます。

なかなか改善されない慢性的な便秘でお困りの方は一度ご相談ください。

 

 

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

 

ご来院お待ちしております。