先日、坐骨神経痛の症状が出ている患者さんが治療を受け

楽になったと帰っていきました。

 

では…坐骨神経痛って一体何だろう。

坐骨神経痛という言葉を耳にすることはあっても

どういった疾患かということはあまり詳しくわからないという方が多いのではないでしょうか。

今日は坐骨神経痛についてお話しさせていただきます。

 

まず、坐骨神経とは腰の骨の間から出て、お尻の下を通り太ももの裏を下って行く大きな神経です。

そのため、この神経の走行している所に何か障害が起こることで

痛みやしびれが起こります。

症状もこの神経の走行に沿うようにして出てくるので

腰やお尻、太ももやふくらはぎの方まで痛みやしびれが起こります。

 

では、坐骨神経痛の原因として考えられるものにはどんなものがあるのでしょうか。

まず考えられるものとしては、神経が出てくる腰の脊椎の障害です。

脊柱管狭窄症や、腰部椎間板ヘルニアなどは脊椎の障害により神経を圧迫したり

刺激したりすることで症状が出てきます。

また梨状筋症候群では、お尻にある梨状筋という筋肉の緊張により

坐骨神経が圧迫されるため症状が出てきます。

 

慢性的に腰痛がある人は、これらの原因疾患をお持ちの方が多い傾向にあります。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの場合は原因疾患の治療を行うことも重要となりますが

それと同時に痛みやしびれなどの症状を和らげることもとても大切です。

梨状筋症候群では、お尻の筋肉のコリを解消することで症状が改善することがあります。

症状に合わせ、物理療法と手技療法を組み合わせ痛みやしびれの緩和をしていき

同時に自宅での過ごし方のアドバイスなどもさせていただきます。

また本院は鍼灸治療も行っておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

腰痛や足のしびれ痛みは我慢せず、是非当院にご相談ください。

一緒に症状を改善していきましょう。

詳しい情報は下記をご覧ください

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com.