当院でも生理のたびに辛い症状に悩まされている女性が来院されています
近年こういった症状で悩まれる方が増えてきていると言われています
今回は月経痛についてお話したいと思います
月経痛が起こると痛みのために寝込んでしまう方もいます
また、頭痛や便秘や下痢などの症状が出たり
イライラするなどの症状が起こることもあります
一言で生理痛と言っても症状は人によって様々です

 

しかし中には生理痛を感じない人もいます
なぜ月経痛が起きる人と起きない人がいるのでしょうか?

 

 

月経痛の原因

月経痛の原因は様々ありますが

子宮や卵巣になんらかの病気が隠れている場合もありますので

簡単には考えられないですよね

もし辛すぎる症状が出ている時は専門医に相談することも考えましょう

 

生理痛の特に大きな要因と言われているのは

プロスタグランジンという物質です

月経前から月経前半にかけて、プロスタグランジンが分泌されます
この物質は子宮の収縮を促して、月経の経血を体外に押し出す働きがあります
また、痛みを起こす作用もあり、過剰に分泌されるとキリキリした痛みが発生します
月経痛のある女性では、経血や子宮内膜に含まれるプロスタグランジンの量が
月経痛のない女性よりも多いと言われています。

 

では、なぜプロスタグランジンが過剰に分泌される人とされない人がいるのでしょうか?

 

プロスタグランジンという物質は種類があり働きも違います
血管を拡張させ痛みを起こす作用のものと、血管を収縮させ痛みを軽減する作用のものがあり
本来、これらがバランスをとりあって分泌されています
これらがしっかりとバランス良く分泌されていると月経痛は起きません
月経では経血を押し出すために子宮が収縮します
通常、筋肉が収縮するには豊富な酸素と栄養を必要とします
子宮の筋肉も同様に、収縮する時には酸素と栄養が必要になるのです
この酸素と栄養を運んでいるのは血液です
ところが、血流が悪いと子宮の筋肉は十分に収縮できないため経血を押し出せなくなってしまいます
そこで、血行を良くするために、血管を拡張するプロスタグランジンが過剰に分泌され
そして痛みが起きるのです
つまり生理痛を感じている方は生理痛を感じない人より血流が悪く
その結果、血流をよくしようと身体が働き、痛みをひどくしてしまっているということになります
痛みを感じるという事は身体にとってはごく自然な反応で
痛みを起こすことでどこが悪いかを教えてくれているのです

 

血流が悪い→子宮筋が十分に収縮できないため経血を押し出せない→
血流を良くするためにプロスタグランジンがたくさん分泌される→月経痛が起きる

 

月経痛の原因は、血流の滞り、つまり「冷え」なのです。

 

そこにアプローチできるのが鍼灸治療です
東洋医学では昔から「冷えは万病のもと」と言われてきました
様々な症状は冷えが原因で起こり、月経痛も冷えのためと考えられてきました
また、人の身体には陰と陽の働きがあり
この2つのバランスがしっかりとれている状態が良いと言われています
すべてのものには陰と陽があり、そして陰陽は相対的なものと考えられています
一方が陰なら一方は陽となります
例えば男性と女性でも陰と陽があります
どちらが陰で、どちらが陽かわかりますか?
男性が陽で女性が陰なのです
この様に生活の中ですべてが陰陽に分けられると言われています
一見反対のものでありながら調和する、互いがないと成り立たない
どちらかが多ければそのバランスを取る為にどちらかが小さくなる
そんな関係が陰と陽です
人の身体の働きでは、自律神経の副交感神経(陰)と交感神経(陽)があげられます

人の身体は、生活習慣や環境、ストレス、怪我などの要因により

気血の流れが滞ったり、偏りが起きます

そして陰陽のバランスが乱れ、だんだんと身体の芯に「冷え」が生じ、様々な症状が現れるのです

月経痛もその症状の1つです

この冷えを東洋医学では病の根本原因と考えています

本来、プロスタグランジンが分泌されることは身体にとって自然なことで
過剰な分泌を促しているのは身体の冷えが問題なのです
このような体質になってしまった根本原因を取り除くためには
鍼灸治療とともに生活習慣を見直すこともとても大切です
冷えは知らず知らずのうちに身体の芯で大きくなっていきます
昨日今日で溜まるものではなく、長い時間をかけて大きくなっていくのです

 

根本治療は大変根気のいる治療です
しかし、鍼灸治療により体質が改善され、辛い月経痛が和らいでいきます
身体のバランスを整え冷えを治し、月経痛が起きない身体に導いていきましょう
鍼灸治療により本来の健康な身体へと導くことができます

 

でもなかなか治療に来れるタイミングがないという方の為に

生理痛に効くと言われているツボを紹介します
1.照海(しょうかい)
照海は、内くるぶしの突起の頂点から、親指幅1本分下がったところにあります
押すと痛みを感じます
婦人科系の疾患、特に月経にともなう症状に効くツボです
2.血海(けっかい)
血海のツボは、膝蓋骨の内側端を指幅3本分ぐらい上がったところにあります。
血の道に関する症状を治すツボです
血の滞りを取り除き、血液循環を良くしてくれます。
女性特有の月経から起こるいろいろな症状によく効きます
3.三陰交(さんいんこう)
三陰交のツボは、足の内くるぶしから指幅4本分上がった骨際にあります
月経痛をはじめ、婦人科系のツボとしてとても有名です
月経不順、不妊、更年期障害や逆子、安産などの治療にも使われます

 

鍼灸治療では身体にたまった冷えをとり、本来の身体の働きが出来るよう
血流の良い身体に戻していくことが出来ます
冷えが解消されると月経痛にともなう頭痛やめまい、便秘や下痢などの悩ましい症状も改善されていきます

 

生理痛などの症状でお困りの方、ぜひ一度ご相談ください。
腹痛のイラスト(女性)

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

ご来院お待ちしております