捻挫をした時は

捻挫をしてしまってからすぐに応急処置をすることが大切です。

それをするかしないかで治りが全然違います。

ケガをしてしまったときは軽い捻挫だからと無理して動き続けることなく

しっかり応急処置をしましょう。

 

応急処置の原則は「RICE」です。

RICEとはRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)

という応急処置で必要と考えられるものの頭文字をとりRICE処置と呼ばれています。

Rest:安静

ケガをすると、身体はそれを判断し、すぐに修復作業を開始します。

それが運動を続けてしまうとなかなか修復作業が進まなくなってしまいますので

結果、治癒までに時間がかかることになってしまいます。

早く治したいなら、ケガをしてすぐは安静にすることが大切です。

 

Ice:冷却

アイシングという言葉は皆さん聞いたことがあるのではないでしょうか。

患部を冷やすことで血管を収縮させ、腫れをある程度抑えたり、痛みを軽減させることができます。

熱感や腫れ、痛みは、炎症が起きている事を意味しています。

その炎症を抑えるためにもアイシングというのは必須になります。

 

Compression:圧迫

少しの腫れは修復のためには必要となりますが、あまり腫れがひどくなりすぎると

修復作業を邪魔することになってしまいます。

それを防ぐために、アイシングと組み合わせて腫れをコントロールするために

圧迫をすることが大切です。

 

Elevation:挙上

指を切った時など、手を下にしているとズキズキ痛む経験をしたことはありませんか?

足を捻挫してそのままにしていると血液がどんどん下にたまっていき

ズキズキ痛む原因となります。

ケガをした足を心臓の高さくらいに挙上することで足の方に

血流が行きにくくなり、腫れや痛みなどを軽減することが出来ます。

 

 

アイシングについてですが

ケガをしてから48時間はアイシングを続けることをお勧めします。

しかし、その間ずっと冷やしているというわけではなく

部位によって異なることはありますが、15分~20分くらいをめどにアイシングをし

40分~50分くらい間を開け、再度15分~20分くらいアイシングをするというサイクルを繰り返しましょう。

氷やアイスパックを使用し、患部をしっかりと冷やすようにしてください。

炎症が起きている時はシップではあまり効果がありません。

氷やアイスパックで冷たくて痛いという感覚から、何も感じなくなってきたなと思うくらいまで

しっかり冷やしましょう。

感覚がなくなってきてもなお冷やし続けてしまうと凍傷になってしまう可能性があるので

感覚がなくなってきたらすぐに冷やすのはやめましょう。

また、冷やしていない時は弾性包帯などで圧迫し、挙上して安静にしましょう。

綿の包帯は腫れがひどい場合、皮膚に食い込んでしまい、壊死につながりますので気を付けてください。

 

応急処置をしたら必ず専門医に診てもらうことが必要です。

痛みがあまり強くなく、歩行出来ていても

骨折している可能性は考えられます。

骨折をしている場合、治る期間も処置も変わってくるので

一度しっかり診てもらうといいでしょう。

 

スポーツをしていると怪我は付き物ですが

どのように対処するかでその後の選手活動が大きく変わってくることがあります。

しっかりとしたパフォーマンスをするために

自己判断はせず、まずは出来る限りの応急処置をして

専門医に診てもらいましょう。

 

当院ではケガをしてからの治療や再発防止のための指導、トレーニングも行っております。

 

詳しくは下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院お待ちしております。

 

rice処置 フリーイラスト に対する画像結果