首肩と肩甲骨、一見関係ないように思えますが、首肩と肩甲骨は筋肉で繋がったりしています。

首肩が凝りによって硬くなってくると、肩甲骨の方の筋肉が硬くなって動きが悪くなってきたりもします。

実際に腕を動かしてみると、痛みはなくても突っ張る感じ・引っ掛かる感じなどが出たりもします。

これを放置すると、将来的に痛みにつながったり、間接的に五十肩の原因にもなったりします。

 

辛い首肩にお悩みの方、鍼灸治療を試してみませんか?

鍼灸治療は、「凝り」というものに対して得意です。

 

鍼灸治療は、髪の毛ほどの細さの鍼を身体に刺入し、そこに血流を集めて凝りを解消していくものになります。

鍼を刺す瞬間というのはそれほど痛みを感じないのですが、硬い筋肉に当たると、筋肉が鍼に対して抵抗感を示したりします。

それが起こると、「ズーン」とした感覚があります。

これは硬さがある筋肉の層に鍼を当てられたという証拠なので、これがあった後には身体が緩みやすかったりします。

しかし、中にはこの感覚が苦手という方もいらっゃいますので、嫌な感覚があったりしたら調整したりもします。

 

マッサージをしてもなかなか治らない、鍼治療に興味がある、という方は是非一度お試しください。