指がなんだか腫れている

痛みが出たり、曲がってきているように感じる

リウマチかもしれないと心配になられる方もいると思います。

確かにリウマチでも変形が起こります。

しかし、リウマチと指の変形性関節症はそれぞれ特徴があり判別することが出来ます。

 

まず、指の変形性関節症で多いのはへバーデン結節とブシャール結節です。

それぞれ説明していきます。

 

 

へバーデン結節とは

指の第一関節が変形して曲がってしまう病気です。

へバーデン結節 画像 に対する画像結果

なぜ変形してしまうかは現在原因不明とされていますが

特に40代の女性で手をよく使っている人に多く見られると言われています。

第一関節の後ろ側中央の、指を伸ばすための筋肉の腱を挟んで2つのこぶができるのが特徴です。

人差し指から小指にかけて第一関節が赤く腫れたり、痛みが出たり、曲がったりします。

人差し指から小指の方が発生頻度は多いですが、親指に出ることもあります。

痛みのために強く握ることが困難になったり、指が曲げづらくなります。

第一関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱりができることもあり

これをミューカスシスト(粘液嚢腫)と呼びます。

第一関節の変形、出っ張り、痛みががあり、レントゲン写真で関節の隙間が狭くなったり

関節が壊れたり、骨棘こつきょく(骨のトゲ)があれば、へバーデン結節と診断できます。

痛みが出ている場合は安静にし、極力負担がかからないようにしましょう。

痛くても使わなくてはならないときは、テーピングがお勧めです。

 

 

 

ブシャール結節とは

手指の使い過ぎにより第二関節の軟骨が磨り減って指の関節の痛みや腫れをともなって

その周囲の骨が変形する病気です。

ブシャール結節 に対する画像結果

ブシャール結節の原因もへバーデン結節と同じように不明で

手指を良く使う人に多く発症し、関節軟骨の使い過ぎにより年齢とともに発症すると言われています。

ブシャール結節も女性に多い病気ですので、症状が軽いうちに受診して対処することが大切です。

ブシャール結節の症状としてもヘバーデン結節と同じように

関節の腫れや骨の変形、腫れた部分の関節の痛みなどがあります。

治療法も痛みのある場合は動かさないように指を安静にする事になります。

へバーデン結節と同じように、テーピングによる関節の固定などが行われます。

 

ブシャール結節の症状は特にリウマチと間違われやすいです。

指のこわばり、関節の腫れや痛み

関節が変形してくる部位など関節リウマチに似た症状がありますので

関節リウマチかどうかを見分けることがとても重要です。

基本的にへバーデンやブシャールは決まった関節部しか変形しません。

しかしそれだけでは心配な面は残りますよね。

 

では、どのような症状があればリウマチと言われるのか説明していきます。

 

1.朝のこわばりが少なくとも1時間以上続き、その症状が6週間以上継続してでる

2.3個以上の関節が腫れている状態が6週間以上続く

3.指の第二関節と第三関節(指の付け根)の腫れが6週間以上続く

4.左右対称の関節の腫れが6週間以上続く

5.皮下結節(リウマチ結節)がある

6.リウマトイド因子が陽性

7.レントゲンにより手指が変形していると確認できる

 

以上の中で4つ以上当てはまる場合はリウマチの可能性が高いとされています。

 

項目の中には病院で検査を受けないとわからないものもありますが

朝のこわばりが起きている時間や、期間

多くの関節の変形は自分でも感じることのできるものですので

少しでも変だと思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。

 

へバーデンもブシャールもある程度の期間そのままにしておけば症状もおさまり

変形は残るものの、生活に支障が出ないようになります。

しかし、痛みが出ている時期に無理して使い過ぎてしまうと

変形の度合いがひどくなり、見た目を気にしてしまう人もいるので

症状が出ている時は出来る限り安静にし

使い過ぎないように注意していきましょう。

 

何か心配なことがあればいつでもご相談ください。

当院についての詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院お待ちしております。