近年では気温が30度を超えるのが当たり前になってきて、35度40度も珍しくありません。

それとともに熱中症で倒れてしまう人も増えています。

5月でも運動会の練習中に集団で熱中症になったというニュースなども目にしますね。

5月6月はまだ暑さに慣れていないためにちょっと気温が上がっただけで熱中症に

なってしまう人が出てきます。

熱中症は様々な条件で起こりますが単純に高温多湿で風もなく日差しが強いと

リスクが高まります。

その他にも高齢者や幼児などは体温調節がうまくできず熱中症にかかりやすかったりします。

若い人でもスポーツ中や長時間の外での作業などが続く熱中症のリスクが高まります。

さらに屋外だけでなく、屋内でも熱中症になることが多々あります。

これは高齢者のかたに多いですが、エアコンを使わずに室内の温度や湿度が上昇し

体温のコントロールができなくなり熱中症になってしまいます。

熱中症 に対する画像結果

熱中症にも種類があります。

・熱痙攣、熱失神・・・重症度としては軽度で立ちくらみやめまい、大量の発汗などがあります。応急処置で様子見しましょう。

・熱疲労・・・重症度としては中度で、頭痛や吐き気、嘔吐、虚脱感、集中力や判断の低下があり医療機関へ行ってください。

・熱射病・・・重症度としては重症で即救急搬送入院です。体温上昇、意識障害も出てくるので迷わず119番してください。

熱中症になった場合の応急処置としては、まず身体を冷やすこと。

熱が体内にこもり体温の上昇が起こってしまうので、水をかけたり、日陰で休ませたり、扇ぐなど

身体を冷やしてあげましょう。

そして水分を摂ることも大事です。

さらに衣服を緩めてあげることで熱を逃がしやすくします。

熱中症にならないためには予防が必要です。

まずは

①日頃からの水分補給・・・その日だけの水分補給だけでなく日頃から適度に水分補給をすることで熱中症になりづらくします。

②汗をかくときはナトリウムも・・・スポーツや外での作業で汗をかくような場合はただの水ではなくスポーツドリンクなどナトリ       ウムなども含まれたドリンクを摂取しましょう。

③体調管理・・・これは何にでも言えることですが、風邪をひいていたり、寝不足などの身体が弱っている状態では熱中症にもなりやすくなります。そのため、しっかりとした食事や睡眠をこころがけることで予防になります。

④服装・・・通気性の良い服を着て、熱をこもりにくくさせましょう。日差しの強い日などは帽子もかぶることで直射日光を避けることができます。

⑤気温を考えて行動を・・・最近では夏日、真夏日、猛暑日などいろいろな呼び方がありますが、暑さに慣れていない状態で、猛暑日に外での長時間の作業やスポーツをすることは大きなリスクになります。

これらのことに注意するだけでも熱中症は防げます。

夏は暑さでやる気が起きない、汗かいてベタベタするなど大変季節ですが熱中症にならずに元気に

夏を楽しんで乗り越えましょう。

夏に弱い方など是非当院にご相談ください。

ホーム