目が痛んだり、かすんだり、重かったり

それは皆さん感じたこともあると思いますが

それと同時に全身倦怠感や頭痛、吐き気がし、それがなかなか回復しきらない状態が長く続いている方。

 

眼精疲労を起こしているかもしれません。

 

眼精疲労とは、目の疲れやかすみ、目の重だるさに加え

全身症状として、頭痛、吐き気、倦怠感、肩こりなどが併発し

なかなか症状が改善しないことを言います。

 

このような状態になってしまう原因として

大きく4つ考えられます。

1.目に原因があるもの

2.全身に原因があるもの

3.精神的なもの

4.環境が関与するもの

 

まず、目に原因があるものとしては

遠視や近視、乱視、老眼などが原因で起こる眼精疲労が最も多いようです。

物をはっきり見ることが出来ないため、それを無理に調節して見しようとして

目を無理に使い、働かせるために眼精疲労が発生します。

また斜視も眼精疲労の原因となります。

斜視とは、片目は中心にあるのにもう一方の目が中心からずれているため

両目で同時に見えない状態です。

両目で同時に見ることが出来ない状態の中、両目でしっかり見ようと働くため

眼精疲労につながってしまいます。

他にも、緑内障、ドライアイ、逆さまつげ、結膜炎などでも起こると言われています。

次に、全身に原因があるものとして

高血圧、低血圧、糖尿病、バセドウ病、貧血、自律神経失調症

月経異常などで起こると言われています。

精神的なものは、神経症、心身症、職場の不適合などにより起こると考えられています。

最後に、環境が原因となる場合ですが

紫外線や赤外線、明るすぎる照明や暗いところでの作業などによるものがあります。

その他、近年注目されているのが、VDT作業による眼精疲労で、VDT症候群と呼ばれています。

VDT症候群(Visual Display Terminal Syndrome)とは

コンピューターのディスプレイなどの表示機器( Visual Display Terminal:VDT)を

使用した作業を長時間続けたことにより、目や心、身体に支障をきたす状態、病気のことです。

ドライアイ、充血に加え、眼精疲労を起こしやすく

頸肩腕症候群、首、肩、腰のこりやだるさ、痛みが出ることもあります。

慢性化すると背中の痛みや手指のしびれなど症状がひどく出てしまうこともあります。

また、食欲がなくなったり、イライラ、不安感など心にも影響が出てきます。

 

自分が眼精疲労だと感じたら

まずは原因を突き止め、改善していくことが大切です。

原因が取り除けない限り、いくら治療を行ってもそれは

対処療法となってしまいますので、結局治りきらない状態が続いてしまいます。

環境面や、精神面などが原因であれば自分で対応できますが

病気によるものですと自分で治すという事は難しいと思いますので

病院で専門医にかかり、しっかり診てもらうことをおすすめします。

長くしつこい眼精疲労は身体全体が辛くなるものですので

症状を軽減させるために当院での治療を受けてみませんか?

鍼治療に加え、手技でも全身の状態を改善していくことが出来ます。

 

 

 

詳しい内容は→

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

 

皆様のご来院心よりお待ちしております。

 

目の疲れ 画像 に対する画像結果