内転筋、という筋肉をご存知ですか?

股関節を内転(内側に閉じる動き)させる筋肉の事で、太ももの内側に付いています。

 

この筋肉、実は普段あまり使われない筋肉です。

股関節の内転という動き自体が普段あまりしない動きのため、この筋肉は足の中でも比較的衰えやすい筋肉の1つです。

この筋肉が衰えると・・・

・骨盤が開きやすくなります

股関節を内側に動かしにくくなるので、必然的に股関節は開いていきます。

そうしたことで、股関節が付いている骨盤の方も開きやすくなってきます。

骨盤の開きによって肥満の原因になったり、姿勢の悪さにつながったりします。

 

・間接的に膝を悪くする原因になりやすい

骨盤の開きとも関わってくるのですが、骨盤が開くことで膝の方にも痛みが起こる事があります。

足が開きやすくなると、膝の内側に負担がかかりやすくなってきます。

そうなると、膝の内側を痛めやすく変形にもつながります。

 

という風に、内転筋が衰えるとあまりいいことはありません。

この内転筋を鍛える為には、ジムなどで足を閉じさせる器具があるのでそれを使って鍛えるのも良いのですが、手軽にできる方法として、ボールを両膝で挟んでキープする、というトレーニング法があります。

中々使わない筋肉のため、辛いと思いますが鍛えて損はないと思います。

また、電車を使う機会が多い方は、座席に座った際に足を閉じつつ座ってみてはいかがでしょうか?

少しでも違うと思います。

 

当院につきましては、下記もご覧ください。

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷駅東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/