今回は正しい姿勢について考えていきたいと思います。

 

正しい姿勢とは

横から見た時に、耳、肩、腰椎の前、膝、くるぶしが、地面から垂直に一直線に伸びたような姿勢と言われています

この状態では、背骨のカーブは一番自然な位置に保たれ骨盤は30度前に傾いた形になっています。

正しい姿勢 画像 に対する画像結果

反り過ぎたり、前かがみになりすぎると身体に負担がかかってしまいます。

無理に腰をそらせるように姿勢を正したり、胸を張り過ぎたりすることは無理な力が働き

逆に身体を痛めることに繋がりかねません。

特に腹筋が弱い方や太ってお腹が出ていたりすると体重が前にかかり前傾姿勢になってしまいがちです。

頭を上から吊られているようなイメージで背筋を伸ばし

お尻の筋肉を引き締めるとともにおへそを少し持ち上げるイメージでお腹をへこませます。

そして肩の力を抜き、あごを引き、膝もまっすぐ伸ばします。

正しい姿勢はきれいの基本です。

文字だけですとあまりイメージがわかないかもしれませんが

鏡などで自分の姿勢を観察してみるのもいいと思います。

うまく筋肉を使えるようになれば代謝がアップし痩せやすい身体を作れます。

猫背のような前かがみ状態が続くと、首から肩にかけての筋肉が緊張し「肩こり」の原因にもなってしまいます。

また、腰にも余計な負担がかかり「腰痛」も引き起こしてしまいます。

正しい姿勢で立つためには、背筋や腹筋、お尻の筋肉

足を引き上げる働きのある腸腰筋や膝を曲げる為に働く大腿屈筋群などの

体中の筋肉をバランスよく使うことが必要です。

つまり、正しい姿勢で立つだけで、筋肉を知らずに鍛えていることにもなるのです。

 

 

基礎代謝というのは呼吸や体温調節などの生命活動を維持するために

安静にしている状態でも使われるエネルギーのことです。

人が一日に消費するエネルギーのうち多くの割合を占めていますが

16~18歳をピークに年齢とともにだんだん減っていきます。

この代謝を維持し筋肉をうまく使うことが出来れば、自然に痩せやすい体を作っていることになるのです。

また、姿勢の悪さは「便秘」「冷え性」などにも影響を与えると言われています。

便秘や冷え性は肌荒れにもつながっていきます。

姿勢が悪いことで、女性にとっては良くない事が多く出てきてしまうのです。

 

姿勢の悪さは普段の生活から作られます。

パソコンを使うとき猫背になったり、椅子や机の高さが合っていなかったり

いつも同じ方の足を組んだり、同じ方に鞄をかけていたり

同じ体勢で長時間(少なくとも1時間以上)仕事をしていたり

歯の噛みあわせが悪かったり、毎回同じ方でものを噛んでしまっていたり

眼鏡やコンタクトの度数が合っていない、常に5cm以上のハイヒールを履いている。

など…

普段あまり意識していない習慣やくせが、姿勢に大きな影響を与えてしまっているのです。

意識していないだけで原因は挙げたらきりがないくらいあるのです。

いつもの時間をどう過ごすか、それが健康な体を維持するのに必要なことなのかもしれません。

 

しかしなかなか一人では意識をするのが難しい時もあると思います。

そういう時はぜひ当院にお越しください。

癖がついてなかなか治せない姿勢や

治したいけどどうしたらいいかわからないといった時も

一人一人の生活に合わせたアドバイスをさせて頂き

姿勢が改善していくよう一緒に考え施術を行っていきます。

 

普段の生活の中の習慣や癖はすぐには治せるものではありません。

継続して行うためにも、体にいい習慣を一つ増やしてみませんか。

 

当院は自費診療も行っておりますので

辛い慢性症状にも対応できます。

 

当院について詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院お待ちしております。

 

正しい姿勢 イラスト に対する画像結果