本日は指や腕のしびれについてお話ししていきます。

腕がしびれる…指がしびれて動かしにくい…などの症状をお持ちの方もいらっしゃると思います。

指や腕がしびれるのは必ずしも腕や指そのものに原因があるわけではありません。

「しびれ」とは一種の神経障害です。

指や腕に通っている神経に何かしらの障害が起こり、神経の伝達が上手くいかないとしびれとなって出てきます。

ここでは指や腕のしびれの原因となる疾患を紹介していきます。

 

・手根管症候群

手根管症候群とは、手首の手の平側にある骨と靭帯で囲まれた「手根管」と呼ばれる部分の中を

正中神経という指を曲げる神経が通っています。

この正中神経が圧迫などの異常がある時、手のしびれや痛み、運動障害などを起こす手の代表的な疾患です。

 

・胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、前頸部のところにある腕への神経・血管の通り道(これがいわゆる胸郭出口と呼ばれるものです)が

障害されることによって痺れや運動障害を引き起こす疾患です。

首のところにある斜角筋や鎖骨下動脈が圧迫されて起こることが多いです。

なで肩の方は、鎖骨辺りが狭く、鎖骨下動脈を圧迫しやすいのでこの疾患になりやすいと言われています。

 

・糖尿病

糖尿病の症状の一つとして、しびれが発生することもあります。

糖尿病が進行していくと、神経の細胞が血糖にさらされて神経に異常をきたします。これにより指や腕にしびれをきたすこともあります。

 

今回は代表的な疾患を紹介しましたが、中には危険な疾患によって指や腕にしびれをきたすこともあるので

病院などに行き、検査等をして早めに鑑別する事をお勧めします。

気になる症状などがございましたら、ぜひ一度当院にご相談ください。

 

当院について詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com