腕のしびれにはいろいろ原因がありますが

今回は胸郭出口症候群について説明していきます。

 

胸郭出口症候群と言われてもピンとこない人が多いと思います。

そもそも胸郭出口とは、鎖骨と第1肋骨の間にあるすき間のことです。

 

 

前斜角筋と中斜角筋という首の骨から鎖骨に伸びている筋肉の間や

鎖骨と第一肋骨の間、小胸筋の下には血管と神経が通っていて

その通り道が何らかの原因によって狭くなり神経や血管を圧迫されると

しびれや手の冷えなど、様々な症状が出てきます。

 

このような、首と胸の間を通る神経が圧迫されて起こる一連の病気の総称が胸郭出口症候群です。

 

胸郭出口症候群は大きく4つの分類に分けられます。

 

1.斜角筋症候群

斜角筋症候群とは、前斜角筋(ぜんしゃかくきん)と中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)という

首の筋肉の間で神経や血管が圧迫されるいる状態です。

症状としては、肩から腕や手にかけての感覚異常、脈拍の低下、皮膚の温度が下がる

手や足先の小さな動脈の血流が発作的に不足し、冷感や皮膚色の変化が現れる血行障害などが挙げられるます。

 

2.肋鎖症候群

肋鎖症候群とは、鎖骨といちばん上の肋骨との間で神経や血管が圧迫されているもので

胸郭出口症候群のなかで最も多いのはこのタイプと言われています。

症状としては肩や腕、手や指、手の甲に痛みやしびれなどが現れるということです。

原因として考えられることは、重い荷物を背負っていることが多い場合や

仕事で重いものを担いでいることが多い場合で

それにより鎖骨や第一肋骨の変位が生じたり

鎖骨や肋骨を骨折した後に変形して治ってしまった場合も考えられます。

 

3.過外転症候群

過外転症候群とは「小胸筋症候群」とも言われています。

肋骨と鎖骨の間から出てきた神経と血管は、わきの下を通って腕にのびています。

胸からわきのあたりまで小胸筋という筋肉がついていて、これらの神経と血管を前のほうからおおっています。

腕を横に伸ばし、そのまま上のほうに持ち上げる動作をすると、この小胸筋が引き伸ばされます。

この小胸筋が異常に緊張して、神経や血管を圧迫してしまうものを過外転症候群といいます。

具体的な症状としては、頭より高い場所に腕を伸ばして作業する機会の多い人や

主婦で洗濯物を干す作業をする場合などによくみられることがあるようです。

また、健康な方でも電車のつり革を長く握っていたりすると、しびれなどの症状が起こることがあります。

 

4.頚肋症候群

頚肋症候群とは「頚肋骨」が存在することによって、引き起こされる諸症状をひとくくりに示す言葉です。

ときには、胸郭出口症候群とは別で独立した症状として扱われる事もあるようです。

頚肋骨が発見されるのは、人口内の換算でわずか0.5%程度の割合に過ぎないのですが

まれなケースとはいえ、1000人いれば少なくとも約5人が持っているという計算になります。

 

では、頚肋骨とは何なのでしょうか。

 

頚肋骨とは、本来12対である肋骨に加わるもう1つの肋骨のことです。

通常の肋骨は、第7頚椎の次に繋がっている、第一胸椎の関節部分から始まります。

しかし、頚肋骨がみられる場合は、第7頚椎、ときには第6頚椎からもう1本の肋骨が出ていて

鎖骨下動脈や静脈、腕の神経の束を圧迫することになってしまいます。

頚肋骨は先天的に骨の形成が不全な場合に、吸収されるべきものが残ってしまっている状態なのですが

この頚肋骨がある人が全員頚肋症候群になるというわけでもありません。

他に要因が組み合わさった時に起きることなので、レントゲンなどの検査をして

もし頚肋骨があると言われても心配し過ぎなくても大丈夫です。

しかし症状が強く出てしまった場合、器質的なものは改善できないので

手術により頚肋を除去することもあるという事は頭に入れていただきたいと思います。

 

 

胸郭出口症候群の主な予防法としては、まず腕を酷使しない。

また、首や肩の筋力を強化するという事も必要になってきます。

しかし、やり過ぎてしまうと筋が硬くなり逆効果になってしまうこともあるのでストレッチなど

筋肉の柔軟性も保ちながら行うことをおすすめします。

また、ストレスがあると筋肉が凝りやすくなり症状が悪化することもあるので

できるだけストレスをためないように心がけてください。

首や肩に負担をかけてしまうこともと腕が下に引っ張られる状態を作りやすくなるので

出来るだけ首や肩には負担がかからないように気を付けていけたらいいですね。

首や肩の冷えも筋肉が固まりやすくなりますので、寒い季節は特にマフラーなどで冷えを防ぐなどして

出来るだけ冷やさないように心がけましょう。

 

 

胸郭出口症候群は筋肉をほぐすことで症状が改善する事があります。

どんな症状が出ているかによって何が原因か見ていくこともできますので

辛い症状を放っておくことなくまずは当院にご相談ください。

 

詳しい情報を知りたい方は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆さんのご来院心よりお待ちしております。