自律神経が乱れやすい季節です。

 

今回は自律神経についてお話しします。

自律神経とは・・交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。

この2つがバランスよく働くことで、健康を維持しています。

【交感神経】

主に、昼間はこの交感神経が働いています。

活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時などに働くのが

交感神経です。

【副交感神経】

主に睡眠中、入浴中、食事をしている時に働きます。

リラックスしている時は基本的に副交感神経が優位に働いていると考えてください。

そのため、副交感神経が働く時間が長い方が身体の回復を十分におこなえていることになります。

 

短ければ、体が十分回復できず疲れが取れない、身体が重たい、肩や首がこる、めまいなど・・

さまざまな不調が現れてきます。

体調がなんだかすぐれないと感じている方・・

不調の原因は、自律神経のバランスが乱れているからかもしれません。

そんな方はぜひ鍼灸治療がおすすめです!!

 

鍼を行うことで、筋肉の緊張を緩め、血流を良くし

体本来の力を発揮する手助けをすることが出来ます。

凝り固まった筋肉では、体が緊張状態にある為

交感神経が働きやすくなり、その結果リラックスするべき時もできない

疲れがたまるという悪循環になってしまいます。

まずは体の緊張をほぐし、そこから少しずつ内臓の働きや脳の働きがうまくできるよう

調節していきましょう。

何か身体の不調でお悩みでしたら、当院までご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

詳しい内容は→

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/