梅雨に入ったとのことですが、本当に入ったのか分からない天気が続いていますね。

雨は降ったとしてもちょっとだけで暑かったり、寒かったりで体調管理が難しいと思います。

そして、もうすぐすると夏の湿気の多い天気が続き、ゲリラ豪雨などに

悩まされる時期にもなります。

特にこの梅雨時期や日本の夏は湿度が高くじめじめして何もやる気が起きないなど

とても嫌な季節ですよね。

今日は『湿』についてお話ししたいと思います。

湿度は高くても低くてもダメで、40%以下だとインフルエンザなどウイルスが繁殖しやすく

70%以上だとカビやダニが急激に繁殖していきます。

人間の感覚的には60~70%が快適な湿度と言われています。

お肌に良い湿度は60~65%だそうです。

このように湿度によってさまざまなことに影響が及ぼされます。

 

東洋医学的には、湿(しつ)が体内に停滞すると、身体の重だるさや、むくみ、下痢などの症状が

起こると言われています。

身体に停滞する湿とは、体内の水分が生理的な機能を失い、全身に広がって停留した希薄な

状態の水液のことです。

簡単に言うと水の動きが悪くなってたまって流れが悪くなった状態のことです。

更に湿は身体の下部を侵しやすいので、下痢や下肢のむくみなどは湿のせいかもしれません。

身体が重だるくなると、頭もボーっとしたりして何にもしたくなくなりますよね。

夏は暑さもあり、水分を多く取り過ぎてしまい余計湿が溜まりやすくなり、

だるさ、下痢など様々な症状が出てきます。

夏はこのようなことを繰り返してしまい夏バテなどが起きてしまいます。

そうならないためには、身体の水の循環を良くし、水分の取り過ぎに注意しなくてなりません。

しかし、水分の取らなすぎもまた身体の不調、水分の循環不足を招いてしまいます。

身体の水分の入れ替えは一日2リットル程度とされている為

出来ればそのくらいの水分を一度にたくさん摂るのではなく

のどが渇いたなと感じる前にこまめにとるのが理想的です。

 

また暑さによる熱は上にたまりやすいので

頭の方に熱が上がりこもってしまうこともあります。

そんな方には鍼治療などで、熱を外に出してあげる必要があります。

当院ではそのような方のためのメニューもご用意しております。

夏の暑さや、湿度などで身体の調子が悪いという方は是非一度ご相談ください。

詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院お待ちしております。