こんにちは!厳しい暑さが続いておりますが、お身体の調子はいかがでしょうか?

 

今回は夏バテについてお話します。

夏バテとは、高温多湿の夏の暑さによって体調を崩してしまうことを言われております。

気温や湿度などの環境に身体が合わせようとして、自律神経がフル活動します!!

室内空調による冷えと屋外の気温差が自律神経を乱れやすくなる原因と考えられております。

 

症状としては・・・疲れがなかなか取れない、食欲不振、眠れないなど、、、

ずっと冷房の効いた室内にいると汗をかかず体内に熱がこもります。

また血流も悪くなってしまう為に冷えやむくみやすくなってしまうのです。

 

夏バテ対策として・・・

①不足がちな水分をしっかり補給する。

暑くなりたくさん汗をかくと、水分と塩分が少なくなります。

ポイントは早め・こまめに水分をとること!!

のどが渇いたと感じるようになった状態はすでに脱水状態になってしまっているのです。

 

②ぐっすり眠って身体を休める。

暑くてなかなか寝付けない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

寝る時におすすめなのは、室温を28度 湿度を40~60%に設定すると快適に過ごせると言われています。

また、朝までずっとエアコンをつけっぱなしにするとのどが乾燥しやすく風邪もひきやすくなってしまいます。

切タイマーの設定もおすすめします。

 

③軽い運動やストレッチで発汗、血流を良くする

冷房の効いた室内にいると汗をかかず、身体が冷えて血流が悪くなってしまいます。

すると老廃物が身体に溜まりむくみやすくなります。

時間がある時に少し身体を動かしたり、暑くても湯船にしっかり浸かることで発汗や血流を促すことができます。

 

また冷えやむくみには鍼灸施術でも改善させることができます。

気になる症状がございましたら、是非当院にご相談ください!