冬はもちろんほかの季節でも手や足が、身体が冷えている人。

冷え性の悩みを抱えている人も多いと思います。

 

では、冷え性は何が原因となって起きているのでしょうか。

 

冷え性というのは一言でいうと血行不良です。

血液が一か所に集中していたり、血液がドロドロで流れにくかったり…

冷え性は病気ではないですが、病気を引き起こす原因ではあります。

細い血管を通って運ばれるはずの血液が

運ばれないようになってしまった状態が冷え性なので

身体に影響がないはずがないですよね。

 

 

では、冷え性を改善するにはどうしたらいいのか…

 

冷え性だから温めようと重ね着をしたりお風呂に入ったりして

その時は良くなった温まったと思うけどすぐ元に戻ってしまったり。

 

これは一時的対処をしているだけで根本の原因の解決になっていないからです。

 

冷え性を治すために「冷えないように温めましょう」と言われることが多いのですが

身体は冷やしたから冷えているのでしょうか?

それなら温めるだけでも治りそうな気もしますが

半身浴や温かい飲み物だけでは治すことができず、諦めている人も少なくありません。

では冷え性を治すには本当は何をするべきなのでしょうか。

 

冬になると特にコタツ、電気カーペット、エアコンや携帯カイロなどで常に体を温め続けていませんか?

実は、その行為自体が体を冷やしている場合があります。

 

人の身体は寒いと感じることで、ぶるぶる震えますよね。

鳥肌を立てたり、血管を収縮させるなどして熱を逃がさないように働きます。

これが、人間が本来もっている熱を生む力です。

 

しかし、外側から温め続けることで、本来温めるために働く機能の出番が減り

その機能が衰えていくと、冷えやすい身体になっていってしまします。

それが冬になるたびに、何年も続いていれば、熱を作り出す能力が低下してしまいます。

温かいところでは平気でも、いざ外に行くと寒くてたまらないというのは

熱を生み出す力が低下しているのかもしれません。

 

子供の頃に、たくさん着こんで体を温めていた人や

つねに部屋を温かくしている人は冷え性になりやすい傾向にあります。

 

 

冷え性を治すためには、食事も大切です。

寒いから、身体が冷えているからと、温かい食べ物や飲み物を取る機会が増えると思いますが

見落とされがちなことが…

実は、生野菜をとることも大切なのです。

生野菜は身体を冷やしてしまうと思われるかもしれませんが

生野菜のように、水分も栄養もたっぷり含まれているものを食べていれば

血液の中には、たくさんの栄養と水分が含まれます。

しかし、炒めたり、ゆでたりすることで食物が本来持っている栄養が壊されたり新鮮な水分を蒸発させてしまいます。

その代わりに含まれるのが、水道水や調味料、炒める時に使っていた油です。

それが血液の中に入ってしまえば、ドロドロになるのがなんとなく想像できますよね。

少しでもドロドロ血液になってしまえば、細い毛細血管の中を、行き来することが難しくなります。

できるだけ、水分と栄養がたっぷり含まれている生の野菜を食べることが、血液をサラサラにするコツです。

血液がサラサラになれば細い血管にも流れやすい状態になるので

血管の細くなる手や足先までしっかり血液が届くようになります。

生野菜で体を冷やさないようにするには野菜を常温にしておくこと。

口の中でよく噛んで温めてから、体の中に入れることです。

そして、夏野菜は体を冷やしやすく、冬野菜は体を温めるものが多く育つので

その土地の気候で育った、季節の野菜をいただくことに気を付けると体温を適温に保ちやすくなります。

 

 

また、毎日の生活の中で、落ち込むことがあったり、気を張らなくてはいけないときが多いと

体には力が入り、呼吸も浅くなりがちです。

普段何気なくしている呼吸ですが、実は呼吸が浅いだけでも、冷え性の原因になります。

ためしに、一度大きく深呼吸してみてください。

体が軽く、温かくなったのが感じられたでしょうか?

1回だけだと小さな効果かもしれませんが、これを毎日続けることができれば

どれ程の熱を生み出すことができるでしょうか。

 

最近では、呼吸が浅くなっていることに気付けていない人もたくさんいます。

大きく息を吸い込むと、背筋が伸び、体がアクティブな状態になっています。

反対に、息を全て最後まで吐ききると、背中が猫背になり、身体はお休みモードになります。

身体が行動的になると、血管は縮まり、リラックスしている時は、血管が広がるという特徴があります。

「どっちがいいの?」と思われるかもしれませんが、どちらも大切なことです。

この縮まったり、広がったりポンプのような働きをする事で、体中に血液を送り届けることが出来るからです。

しかし、呼吸が浅いとポンプの作用が低下するので血の巡りが悪くなります。

ようするに冷え症になりやすいのです。

反対に、呼吸が深くなると、血管が縮まったり、広がったりして、手足の先まで血が巡るようになります。

息をしっかり吸って、吐く。

それだけだも身体はアクティブになれたり、リラックスできたり変化が出ます。

呼吸をするということは体を温めるだけではなく、感情をコントロールするための大切な方法の一つとなります。

 

 

上記で説明したことは冷え性を改善するためのほんの一例です。

 

まだまだ必要なことはありますが、いろいろ試そうと思っても

一人だとなかなか意識しきれなかったり、続けられないこともありますよね。

 

そんな時はぜひ当院にお越しください。

一人ではできない事を一緒に改善するお手伝いをいたします。

ストレッチや呼吸法、またお灸や鍼、足裏マッサージでも

冷え性を改善する方法は様々ですので

まずはご相談に来られるだけでも大丈夫です。

お気軽にお問い合わせください。

 

詳しい情報は下記をご覧ください。

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

https://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

 

皆様のご来院心よりお待ちしております。

 

冷え性 画像 に対する画像結果