膝の痛みでお困りの方はたくさんいらっしゃると思います。

特にご年配の方で変形性膝関節症などによって膝の骨同士があたり痛くなってしまう

ことがよく見られます。

まず膝には様々な靭帯や軟骨があります。

前十字靭帯・・・膝の中にある靭帯で、主に腿の骨に対して脛の骨が前に行かないように制御する働きがあります。

後十字靭帯・・・膝の中にある靭帯で、主に腿の骨に対して脛の骨が後ろの行かないように制御する働きがあります。

内側側副靭帯・・・膝の内側に付いている靭帯で、主に膝が内側にくの字に折れないようにする働きがあります。

外側側副靭帯・・・膝の外側に付いている靭帯で、主に膝が外側にくの字に折れないようにする働きがあります。

内側半月板・・・膝の内側の腿の骨と脛の骨の間の軟骨でクッションになっています。

外側半月板・・・膝の外側の腿の骨と脛の骨の間の軟骨でクッションになっています。

閹・髱ュ蟶ッ 縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡
上に書いた変形性膝関節症ですが骨と骨の間が狭くなってしまうことで骨同士
がぶつかり骨棘というものが出来てしまいます。
そのため強い痛みが生じ歩行や立ち上がり動作での痛みも出てしまいます。
すり減ってしまった半月板は元には戻りませんが膝まわりの筋肉の強化や、
硬くなってしまった筋肉を緩めるなど筋バランスを整えることで痛みを軽減
することが出来ます。
膝は基本的には曲げ伸ばしのみの関節です。
ですが、微妙にねじれの動きもある関節です。そのねじれも膝の痛みや
姿勢の乱れにも影響してきます。
更に膝関節は股関節と足関節の間に挟まれた関節で、股関節の動きの影響も足関節の動きの影響も
受けます。
股関節がうまく動かないとその周りの腰や膝が代償してしまい痛めることもあります。
そのため膝を痛めたときは膝だけでなく股関節や足関節の調整も必要になってきます。
もし膝の痛みでお悩みの方がいらっしゃいましたら是非当院にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

お待ちしております。