こんにちは。春らしい陽気になってきましたね♪

 

さて皆さんは、呼吸を1日に何回行なっているかご存知でしょうか?

なんと約20000回です。

呼吸は生きていく上では必要なものです。

しかし、正しい呼吸ではなく間違った呼吸を1日20000回も続けていたらどうなるでしょうか?

 

呼吸は横隔膜と呼ばれる体を横断するようについている筋肉が働くことで

肺に空気を入れたり出したりして行われています。

本来の呼吸は鼻呼吸で、静かな空気の出入りで行われています。

 

しかし、最近ではスマホや仕事のパソコン作業、ストレスなどにより姿勢が崩れ、

呼吸が上手くできていない人が増えています。

 

呼吸がうまくできない人ってどんな人?

という疑問を持たれる方もいると思いますので少し説明させて頂きます。

 

激しく運動した後に、肩を上げ下げしながら呼吸をしている人を見たことはありませんか?

激しく運動をした時は、より多くの酸素を取り入れようと

身体全体で色々な筋肉を使って呼吸をします。

身体全体を使うことで酸素は取り入れやすくはなりますが

通常より筋肉をさらに多く使っている為、身体の負担もそれだけ大きくなります。

普通に呼吸しているだけなのに肩の上下運動が起こってしまう人は

普段から全身を使い呼吸をしていることになり

その分全身が疲れてしまいます。

また、姿勢が悪く、背中が丸まってしまってしまうと空気をうまく吸えず

浅い呼吸になってしまい、息苦しさを感じてしまう方もいます。

口呼吸の方もうまく呼吸できない人に含まれます。

 

肩で呼吸してしまっている人が1日20000回の肩の上下運動をしていたら

肩が凝るのは当たり前ですよね。

姿勢が悪く空気が上手く吸えない人は酸素を身体に取り込めないので疲労が溜まりやすかったりなど、

症状の原因には呼吸の問題などもあったりします。

そうならないために、1日20000回の間違った呼吸を10000回に減らすことから始めましょう。

仕事中肩に力入って呼吸してるなぁとか、姿勢崩れてうまく吸えてないなぁとか、口開いてるなぁと思った方は

ちょっと意識してあげるだけでもいいのでいい姿勢で鼻呼吸をしてみましょう。

それだけでも身体への負担は減ります。

呼吸は自律神経とも密接に関係している為、ストレスが原因で肩に力が入ってしまって呼吸が乱れてしまったり、

逆に呼吸が乱れることでストレスが溜まりやすかったりもします。

なので、なかなかストレスが抜けない人や疲れがたまりやすい方は呼吸を見直してみてもいいかもしれません。

身体の調節をするのに鍼灸治療もとても効果的です。

そのような悩みがある方はぜひ当院にご相談ください。

内容を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

https://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

ご来院お待ちしております。