肩こりの原因は様々あります。

まずは肩こりの原因についてお話していきます。

 1.筋肉の疲れ

肩こりは人間が立って歩き始めたことが原因と言われています。

約3~5㎏もの重い頭を首から肩の筋肉で支えているので負担は大きいですよね。

普段から軽い体操などをして肩から首にかけての筋肉をほぐしたり鍛えておくといいですね。

 

2.寒さ

冬の寒い時期は、暖かい室内にいることが増え運動不足になったり

寒いからと縮こまった姿勢をとってしまいがちですよね。

そういうことが続いていくと血液の流れが悪くなり肩が凝りやすくなります。

意識して体を動かし首や肩の筋肉をほぐしましょう。

3.目の疲れ

首から肩にかけての筋肉の凝りは、目の疲れからくることもあります。

コンピューターを使う事が多く目を酷使している人は、できるだけ目を休めるため

温めたり、目の体操を行うと疲れもとれ効果的です。

4.悪い姿勢・一定の姿勢

読書、パソコン作業など前かがみの姿勢は頭の重さを最も受けやすく

同じ姿勢をとりながら指を動かす作業は、肩周辺の筋肉を常に緊張させ続けます。

長い時間作業をする時は適度に休憩し、肩や首のストレッチをしましょう。

5.精神的ストレス

ストレスが原因で肩こりを訴える人が、とくに女性で増えています。

過度のストレスは筋肉を凝り固まらせます。

スポーツや趣味など、自分の好きなことをし

ストレスをため込まないようにこまめに発散しましょう。

では次に肩こりにの仕組みについて説明します。

肩こりは日常生活の中の、ストレス反応のひとつと言えます。

無理な姿勢や動きなどで関節や筋肉に負荷がかかったり

仕事が忙しすぎて身体を休められなかったり

プレッシャーがかかる仕事を任されたり…

日常生活の中で乗り越えなければいけないことが多く

そういうことが続いていくと神経系が乱され

肩こりに関わる筋肉が緊張してしまうといった悪循環が起こります。

また、居心地の悪い環境などにも影響されることがあります。

寒い環境では熱を作るために筋肉を収縮させたり

自分を守るための反応が起こりますが、それが結果として肩こりに関連する筋肉の緊張を生んでしまい

肩こりとなりそのせいで不快な思いをして、さらにそれがストレスとなり

肩こりの慢性化へ繋がるということが考えられます。

肩 筋肉 に対する画像結果

自律神経系が乱れると体を緊張させる交感神経系の働きが優位になり

血管が収縮し、血行が悪くなり筋肉の緊張が強まります。

そうすると筋肉へ酸素が運ばれず、酸欠状態になってしまい

痛みの物質が産生され、神経が刺激されることで脳へ伝えられ、不快感や痛みとして感じてしまう。

この痛みや不快な情報によって、さらに筋肉の緊張が起こり肩こりが慢性化していく。

というように肩こりは悪循環によって引き起こされていくのです。

この悪循環を断ち切るためにも

定期的に筋肉を動かし、柔軟性を保つことが必要となるのです。

最後に一つ注意していただきたい事があります。

それは筋肉の凝りが原因ではない肩の痛みについてです。

肩の凝りを痛みとして感じている方もいると思いますが

その痛みがなかなか治らなかったりひどくなったり…

そんなひどい痛みはもしかしたら病気のサインかもしれません。

例えば心臓疾患の場合には左肩に痛みがでやすいと言われています。

内臓は自分の痛みを違うところに痛みを感じさせて伝えることが多いので

肩こりだと思っていたら重大な病気が隠れていた。

ということもあるのです。

しかしなかなか自分で判断がつきにくいものだと思うので

悩んだときは早めに専門医に診てもらうことが大切です。

当院は慢性的な肩こりに対して自費メニューにて対応しております。

 

詳しい内容は→

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

https://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

皆様のご来院お待ちしております。