こんにちは

ローズの花鍼灸整骨院北越谷店です。

 

今日は多くの方が悩まされている「腰痛」そのもととなる腰の筋肉の疲れについてお話ししていきます。

 

「腰痛」と完全に無縁な方はいないんじゃないかと思うほど、腰が痛い・腰が張っているという方は多くいらっしゃいます。

ではこの腰が痛いという症状は何が原因となっているかご存知でしょうか?

よく長時間座っている方や、重い荷物を持ち上げる方などは腰を痛めやすいイメージがあると思います。

ではなぜ、このような方々は腰を痛めてしまいやすいのでしょうか。

上で上げた2パターンの方々ではい痛みに繋がる原因が変わってきます。

 

長時間座っている方の場合は、長時間同じ体勢になり腰の筋肉が動くことが少なくなります。

筋肉は基本的に動かさなければだんだんと固まってきてしまいます。

固まってしまうと血流が悪くなってしまうと身体の仕組みとしていたみが出てきてしまいます。

このタイプの腰痛の特徴として天気が不安定な時に痛みが出てきやすいです。

 

次に、重いものを持つ方です、このタイプの場合は先程の反対で使い過ぎで痛みが出た来てしまいます。

重いものを持ち上げようとした際、こしの筋肉に過負荷がかかってしまい、筋肉が傷ついてしまいます。

また、普段あまり腰を動かさない方が、いきなり重いものを持ちその時に固まっていた筋肉が、無理やり伸ばされたりすることにより痛みが出るケースが多いです。

 

この2つのパターンでは、治療も大きく変わってきます。

長時間座っているような方は、腰をあっためっるようにしてください、またマッサージなども効果的です。

重いものをもっていためたパターンの方は反対に冷やすようにしてください。その後痛みが引いてきたら

マッサージやストレッチといったものを始めましょう。

 

しかし、今回説明したものは腰痛のほんの一握りに過ぎず、他にも様々な治療・原因があります。

気になる方はご相談だけでも、お気軽にご来院ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。