こんにちは。

気温も少しずつ上がり運動し始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

久しぶりにストレッチをすると、前よりも硬くなっているのに驚いたことありませんか?

 

本日はストレッチについてお話しします。

 

運動不足による筋肉の硬さに加え、関節の動きは年齢とともに低くなっていきます。

柔軟性が低下すると筋肉が硬くなり伸びにくくなります。

硬くなった筋肉は、血管を圧迫し変形して老廃物が溜まりやすく

この状態が続くと筋肉疲労が取れにくくなってしまいます。

筋肉が骨に付くところや腱の炎症が起こりやすくなり、肩こり・腰痛・関節の痛み等を引き起こしているのです。

 

 

日々ストレッチを行うことで関節の可動域を上げる(筋肉を伸ばす)と血流循環が良くなります。

酸素や栄養を運ぶ血液が筋肉の端まで行きわたるようになると疲労物質が取り除かれ筋肉の再生を促してくれます。

またストレッチは筋肉だけではなく精神的にリラックスさせる効果もあるのです。

ストレッチした際の感覚刺激が中枢神経に伝えられ、副交感神経を優位にしてくれます。

今日なんだかイライラする!と思った時は暴飲暴食するのではなく、ストレッチしてリラックスするのもいいと思います。