肌のトラブルは誰でも嫌なものですよね。

季節や体調で左右されやすい素直な肌。

少しでもいい状態を保てると嬉しいですよね。

 

乾燥肌といえば秋冬の悩みでしたが、最近は1年を通じて乾燥肌に悩む方が増えています。

乾燥肌とはどういう状態か、またどうしてなるのか?

 

乾燥肌は、皮脂分泌量の低下、角質と細胞の間の脂質などの減少により

角質の水分をため込む量が低下している状態です。

皮膚の水分は、発汗、不感蒸泄ふかんじょうせつ(皮膚または呼気から蒸気として自然に失われる水分)で減少し

体の内側または大気中の水分により供給され

皮膚の保湿は皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質によって保たれています。

乾燥肌の皮膚は表面のうるおい、柔軟性がなくなりもろくなった状態です。

年齢、体質、気候、環境や生活習慣などの要因が関係しています。

栄養障害、ビタミン不足など全身の病気から生じることもあります。

遺伝的なアトピー性皮膚炎や角化異常を生じる魚鱗癬も乾燥肌を生じる原因のひとつです。

 

皮膚は通常、皮脂がつくる皮脂膜、天然保湿因子、セラミドなどからなる角質細胞間脂質の

3つの物質がバリアを作り、紫外線などの外部刺激やアレルゲンなどから肌を守り

肌内部の水分が蒸発しない仕組みを作り出しています。

 

乾燥肌はバリアを壊す原因になってしまいます。

バリア機能を壊す原因は以下のものが考えられます。

 

皮脂量の低下

皮脂膜となるべき皮脂の分泌量が低下してしまうと、直接的に刺激が角質層に伝わりやすくなります。

皮脂は皮脂腺から1日に約1~2g分泌されますが、環境や体質で変わります。

皮脂の分泌を促すホルモンが少ない小児や女性、老人では皮脂量は少なくなります。

分泌量のピークは男性で30代、女性は20代でその後は減少していきます。

また血行不良などで代謝が低下してしまうと皮脂の分泌量も減少します。

また皮脂腺は体の部位により数が違い、目のまわりや口元には少ないです。

 

天然保湿因子の低下

角質細胞内に存在する天然保湿因子はアミノ酸、乳酸、尿素、クエン酸塩などからなり

水分を抱え込む性質をもっています。この天然保湿因子によって細胞内の水分量は一定に保たれています。

天然保湿因子は日焼け、加齢、睡眠不足、ストレスなどで低下してしまいます。

 

角質細胞間脂質の減少

角質細胞をレンガに例えると、レンガとレンガの間を埋めてセメントの役割を担っているのが角質細胞間脂質です。

このセメントが足りない状態になると、隙間ができ、雨漏りしやすくなりバリア機能が低下してしまいます。

角質細胞間脂質はセラミドが大部分を占めていますが、他の脂質と一緒に立体構造となり

水を挟み込んで保水しています。角質細胞間脂質が足りなくなると保水機能も低下してしまうのです。

 

肌を外の刺激から守るためにある角質層が乾燥して角質のバリア機能が損なわれると肌を守ろうとして厚くなります。

この際、急に角質層を作ろうとするために産生が間に合わなくなり

未熟な角質細胞ができてお肌がごわついてしまうことがあります。

乾燥肌の原因やバリア機能が低下するメカニズムは複雑ですが

正しく知ることで予防が出来るようになりますね。

 

自分でできる予防法として東洋医学的に考えられた肌の調子を整えるツボのご紹介です。

 

糸竹空 しちくくう

絲竹空(しちくくう)

眉尻の横のくぼみにあるツボです。

顔の血流を良くしたり、目の疲れや頭痛、循環を改善する事でたるみやシミにも効くとされています。

顔のコリをほぐし、血流を良くすることによって肌に潤いとハリを与えましょう。

 

内関 ないかん

内関(ないかん)

手首の内側の横じわから指3本分上に上がったところにあるツボです。

ストレス解消、内臓の不調にもいいとされています。

ストレスは肌へのダメージも与える原因。

ストレスや胃腸の調子が悪いときはここを押してみましょう。

 

合谷 ごうごく

合谷(ごうこく)

手の甲の親指と人差し指が交わる部分にあるツボです。

このツボの名前は聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

便秘解消や大腸の働きを調整したり、気の巡りを良くすると言われています。

肌荒れや吹き出物ができやすくなる便秘を解消して、老廃物を溜め込まないために

刺激しておきたいツボの一つですね。

 

ツボ押しはいつでもどこでも自分で簡単に行うことができるものなので

日常生活の中で上手にツボ押しを取り入れ、健康と美肌を手に入れましょう。

 

今回ご紹介したツボは一部です。

興味がある方はぜひ当院にお越しください。

 

1人1人にあったツボを選び施術させていただきます。

お気軽にご相談ください。

 

当院の施術内容を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

 

皆様のご来院お待ちしております。

 

村松先生美容鍼灸施術写真1