腕のしびれには様々な原因があるのですが

今回は肘部管症候群についてお話していきます。

 

肘部管症候群とは小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している

尺骨神経(しゃっこつしんけい)が肘の内側の肘部管というトンネルで長時間の圧迫や引き延ばされることに

よって起きてしまう神経の障害、麻痺です。

 

尺骨神経は、机の角に肘をぶつけた時手に電気が走る感覚になったことのある方もいると思いますが

そのぶつけたところ、肘の内側の後ろあたりに通っている神経です。

 

肘の内側にある上腕骨内側上顆(じょうわんこつないそくじょうか)という出っ張りの後ろに

骨と靭帯で形成された肘部管というトンネルがあり、ここを尺骨神経が通ります。

トンネル内は狭く余裕がないつくりなので、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると神経麻痺が起こりやすいです。

 

肘部管 画像 に対する画像結果
圧迫の原因には、トンネルを構成する骨が棘のように異常に出てきてしまったり

靭帯が厚くなってしまったり、トンネルの内や外にできたガングリオンなどがあげられます。

神経引き延ばしの原因には、小児期の骨折によって生じた外反肘(がいはんちゅう)などがあります。

肘部管症候群は麻痺の進行により症状が異なります。

初期の症状では普段誰でも感じたことがあるような痛みが出る程度です。

小指と薬指の外側にしびれや軽い痛みを感じます。

この感覚は、指をはさんだりぶつけたときなど直接的な外傷によっても起こるような痛みです。

この段階では肘が原因の症状だという考えにはなかなか結び付きません。

 

初期状態を放置すると、麻痺が進行していきます。

手の筋肉が萎縮して、少しずつ手が痩せていきます。

ただ、自分の手というのは毎日見ているものだけに変化が少しずつだと

本人は見慣れてしまって気付かないことがあります。

普段両手を並べて確認するという事はなかなかやらないですよね。

なので、しびれを感じたらしびれを感じている手が、もう片方と比べてやせていないか確認し

痩せているように感じたら、肘部管症候群の可能性が大きいですので

すぐに病院で受診するようにしてください。

 

症状がさらに進むと、特に手の骨と骨の間の筋肉がやせるので

指を開いたり閉じたりする力が弱ります。

そして親指と人差し指で物をつまむ力も弱くなりますので

パソコンを打ちにくい、箸が使いにくくなるなど細かいことがしにくくなります。

また、手で水をすくう動作もしにくくなります。

何か変だなと思うことがだんだんと増えて不安に感じることが多くなります。

 

肘部管症候群の症状がまた更に進むとかぎ爪変形という指の関節の変形が起こります。

仕事で長年指を酷使したり、脳こうそくなどによる筋肉の萎縮による硬直でも起こる症状です。

薬指と小指の付け根の関節が伸びて、第1・2関節が曲がったまま硬直してしまう状態です。

手が変形して鷲の手のようになるため、鷲手変形(わしでへんけい)とも呼ばれます。

肘部管症候群の治療法ですが

スポーツや生活の中での使い過ぎによるものは安静にし様子を見ることで改善していくことがあります。

また、生活の中の癖を改善する事も必要です。

頬づえをつくような姿勢は、尺骨神経が引き伸ばされ、また、圧迫もされてしまいます。

睡眠中にしびれが現れる場合は、マットレスや布団などを交換し肘を伸ばして寝るようにするのが勧められます。

睡眠中、肘が極端に曲がらないよう軽い固定を行うなど肘に負担がかからないように心がけることも大切です。

 

あまりにも症状が重く出てしまっている場合手術を行うこともあります。

尺骨神経を圧迫しているものを除去することで圧迫から解放され、症状がなくなることもあります。

神経の緊張が強い場合には骨神経の緊張が強い場合には骨をけずったり

神経を前方に移動させる神経前方移行術という手術が行われます。
肘部管症候群は、早期発見が大切です。

早い段階で原因を除去したり、治療を開始することでその後の指の変形などを回避できます。

ひどくなると、箸が持てずにフォークやスプーンでなければ食事ができない人もいます。

長く病気を放置しておくと、手術後の経過が悪くなる傾向があります。

指のしびれや痛みがあるときは、できるだけ早く医師の診断を受け治療をしていきましょう。

特に小指側にしびれがある人は、できるだけ早く専門医を受診するようにしてください。

 

進行した変形や萎縮した筋を戻すことは難しいですが

初期段階であれば鍼灸治療により症状を軽くすることは可能です。

 

皆様のご来院お待ちしております。