スポーツ現場や日常生活でも起こりやすい捻挫についてお話していきます。

 

捻挫というのは関節が普段はかからないような力により

生理的な可動範囲を超えるような動きを強制された時に発生します。

関節を構成している相互の骨と骨の間にずれのないものを捻挫といい

多少なりともずれが生じた場合は脱臼あるいは亜脱臼(あだっきゅう)といいます。

捻挫を起こす関節の中でも一番起こりやすいのは足関節です。

 

しかし、人の体のなかには一般の人の想像をはるかに超える多くの関節があります。

肩、膝、足首や指などの誰もが関節と認識している場所の他にも

動きが小さく目立たない関節も数多くありますし

背骨を構成する一つひとつの骨の間にもすべて関節があるのです。

これらの関節がずれないように骨と骨の間をつなぎ止め

さらに関節の動きをコントロールする非常に重要な組織が靭帯です。

大半の関節は複数の靭帯でいろいろな方向から支えられています。

 

捻挫の重傷度はこれらの靭帯の損傷の程度で決まります。

靭帯は受けた外力の大きさや方向によって、伸びたり切れたりします。

最も軽いのは靭帯を構成する線維のほんの一部が切れたり伸びたりするものですが

複数の靭帯が完全に断裂するような重いものもあります。

 

ただし、このような重傷例は靭帯が断裂する際に必ず関節のずれを伴ってきます。

なので厳密には捻挫とは言えず、○○靭帯損傷という具体的な外傷名がつけられます。

捻挫とは断裂にまでは至らない程度の靭帯損傷が主病態になった外傷で

骨折は伴っていないものと理解して頂けたらと思います。

 

捻挫の症状は受傷した関節の種類や靭帯損傷の程度によってさまざまです。

一般的に関節の痛みや腫れ、そして皮下出血の程度と

靭帯損傷の程度は捻挫の重傷度と比例します。

腫れや皮下出血(皮膚が紫色になる、内出血)がひどく表れている場合には

靭帯が断裂したり周囲の組織が損傷しているおそれもあるので

自己診断はせず必ず専門医の診断を受けるべきです。

 

断裂した靭帯が修復されないまま経過すると、関節にゆるみが残り

それによる続発症が出ることもあるので注意が必要です。

 

捻挫の診断に必ず行われる検査は、単純X線検査(レントゲン)です。

これによって骨折や関節のずれの有無が確かめられます。

 

また、関節の不安定性の程度を検査するために負荷を加えてとることもあります。

ただし、単純X線写真には靭帯そのものは写りませんので、MRI検査が必要です。

MRI検査は近年多くの外傷や障害の補助診断に用いられていますが

とくに膝関節の靭帯損傷に対してはとても重要な検査といえます。

捻挫の治療は原則として保存療法(手術をしない)がとられます。

受傷直後は腫脹や内出血が高度にならないようにする事が重要です。

 

そのための処置としてRICE処置という応急手当の方法があります。

局所の安静(Rest) 冷却(Icing) 圧迫(Compression) 患部の挙上(Elevation) が基本になります。

その後の治療は重傷度によっても違いますが、弾力包帯、テーピング、サポーターなどによって

関節の動きを制御することが基本となります。

 

ギプスによる完全な固定が必要な場合もありますが、長期にわたる関節の完全固定は

正常な靭帯の修復過程を阻害したり、関節軟骨にも悪影響を及ぼすとする学説もあることから

長期にわたるギプス固定の適応は限られています。

 

いずれにしても捻挫に対しては保存的治療が選択されます。

しかし、捻挫より重い靭帯の完全断裂に対する治療法は

受傷した関節、患者さんの年齢や職業、スポーツをするかどうかなどのいろいろな因子によって違ってきます。

スポーツ選手では、損傷した靭帯の縫合術や再建術のような手術的治療が必要になることもまれではありません。

まずは一人ひとりの状態を総合的に判断することが必要ということですね。

 

怪我をしたらしっかり治療をするということがとても重要となります。

当院は日曜祝日も診療していますので

お気軽にご来院ください。

詳しい情報は、下記をご覧ください

http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com

スタッフ一同皆様のご来院お待ちしております。

捻挫 画像 に対する画像結果