顎関節症という言葉は知っていていますか?

自分で顎が痛いときに顎関節症かなと思うことがあるかもしれませんが

顎関節症は何が原因でどうしたらいいのか知らない方も多くいると思います。

 

顎関節症とは、あごの関節や咀嚼筋の痛み・関節の雑音・開口障害または

あごの運動の異常を主症状とする慢性疾患群の総合的診断名で

その病態には「咀嚼筋障害」「関節包・靭帯障害」「関節円板障害」「変形性関節症」などが含まれます。

 

 

簡単に言うと、あごの関節とそのあごに関連する筋肉の病気です。

 

あごに関連する筋肉のうち、食べ物を噛むとき、口を開閉するのに使う筋肉を咀嚼筋と言います。

咀嚼筋 に対する画像結果

顎関節症では主にその筋肉が噛んだり口を開閉した時に痛みます。

何もしていない時は痛みが起こることは滅多にないとされています。

また、この筋肉がこり固まると「しこり」のようになります。

肩こりと同じようにあごの筋肉がこっている状態です。

特に夜中に食いしばり癖や歯ぎしりなどがある人はしこりが出来やすいようです。

しこりがよく出来るところは、ほほ骨の下あたりと下顎角というあごのえらと呼ばれるあたりです。

また、耳の上にも筋肉があり、そこにもしこりが出来る場合があります。

しこりの部分を押すと痛みがあったり、つぼを押してもらうような気持ちよさがあったりします。

この筋肉の硬さが取れると開閉時の痛みが楽になることが多いです。

 

また、あごには関節円板というものが関節内にあり

これがあるおかげでスムーズにあごを動かすことが出来ています。

あご 関節円板 画像 に対する画像結果

もともと関節円板は下顎頭の外側と内側にしっかりと付着していますが

前後方向の付着が緩いため、大きな力が持続的に関節に加わると関節円板にズレが生じることがあります。

また、閉口時に関節円板にズレがあっても、最大開口時にはこのズレが戻る場合と戻らない場合とがあります。

戻る場合には開口時と閉口時に「カックン」と関節音がします。

また戻らない場合、急性期には「口が開けられない」「口を開けると耳の前がとても痛い」などの症状がみられます。

 

顎関節症の治療法としては

あまりにひどい関節円板の損傷や関節包、靭帯の損傷を伴うものですと、手術になることもありますが

筋肉を緩めることで改善する事も多くあります。

 

まずはご自宅で顔まわりの筋肉を緩めるようなマッサージを行ってみて

それでもなかなか治らない、痛みが取れないというときは

ぜひ当院にお越しください。

 

当院では鍼治療を行っており、顎関節症による筋の緊張を取り除いたり

痛みを和らげたりすることが出来ます。

 

ご相談も随時受け付けています。

 

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

https://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

皆様のご来院お待ちしております。